careplannng01
障がい福祉サービス等の利用計画の作成(計画相談支援・障がい児相談支援)、サービス等利用計画の見直し(モニタリング)行い、サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援が必要と認められる場合に、障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援するものです。障がい者や障がい児の方が居宅介護や放課後等デイサービスなどのサービスを受ける際にケアプランの作成を行います。

・障害者総合支援法の計画相談支援の対象者
障がい福祉サービスを申請した障がい者又は障がい児であって、市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者
・児童福祉法の障害児相談支援の対象者
障がい児通所支援(放課後等デイサービスなど)を申請した障がい児であって市町村が障がい児支援利用計画案の提出を求めた者

平成24年4月の法律改正により障がい福祉サービス(ホームヘルプ・就労支援・生活介護・短期入所など)または障がい児通所支援(放課後等デイサービスなど)を利用する際はケアプランの作成が必要となりました。
・利用計画の作成は無料です。
・利用計画の作成は有資格者である相談支援専門員が作成します。

careplannng03
1.ご連絡いただきアセスメントを行うためにご訪問日を決めます。
2.アセスメントの内容をもとに利用計画案を作成します。
3.作成された利用計画案をお住まいの地域の区役所へ提出していただき支給決定(受給者証の発行)を受けます。
4.支給決定後に利用計画を作成します。
5.ご利用予定のサービス事業所との契約を結びサービス利用開始となります。
6.その後は決められた期間でモニタリングを行い利用計画の見直しを行います。

careplannng04
Q.そもそも利用計画って何なの?
障がい福祉サービスや障がい児通所支援を利用する方の自立した生活を支えるために生活の中で解決すべき課題や支援の方法を具体的にプラン化して適切なサービス利用と効果的な問題解決につなげるために作成されるものです。

Q.計画を作るのは誰なの?
市が指定した指定特定相談支援事業所または指定障がい児相談支援事業所の相談支援専門員が作成します。

Q.どんなメリットがあるの?
専門知識を持った相談支援専門員から適切なサービス利用の提案を受けることができます。また本人のニーズに基ずく計画により本人中心の支援を受けることや一つの計画に基づいて各事業所からニーズに合ったサービスを受けることができます。

Q.計画作成に費用はかかるの?
利用者の方が負担する費用はありません。

Q.計画は必ず必要なの?
平成27年4月よりすべてのサービス利用者が計画を作成するよう法で定められています。

Q.具体的にどうすればいいの?
まずは指定特定相談支援事業所または指定障がい児相談支援事業所にご相談ください。サービスご利用までに手続などで1~2か月ほどかかりますのでご利用を希望の方はお早めにご連絡ください。

※強度行動障害支援者養成研修を修了した相談支援専門員を配置しております。

※医療的ケア児等コーディネーター養成研修等を修了した相談支援専門員を配置しております。


関連リンク

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」



PAGE TOP